av動画のフェラチオでの陰の舐め方(竿舐め)について

エッチなav動画はフェラチオを勉強するにはとても役立つツールです。

金玉を刺激すると射精量が多くなって男性の満足度が高くなることは女性は覚えておいた方がいいでしょう。

じっくりと金玉と周辺への奉仕を終わって男性が焦れてきたなと思ったら、いよいよお待ちかねのオチンチン本体の愛撫に進むといいです。

この辺りからちょっとずつオチンチンに触れるといいでしょう。

ペニスを舐め始めるチョット前に手を添えましょう。

時間にすると10秒から15秒程度でいいです。

そうすると男性は「やっと、触ってくれたぁ!」「いよいよ来るぞ!」なんて気持ちになります。

こういった焦らしのシーンもav動画にはよく見られるので男性の反応と一緒に観察してみましょう。

そして手を添えたまま、じっとして動かさないと「あれっ?どうなってるんだろう?」と思います。

この疑問符がついた瞬間に女性の舌が裏筋をのぼってくると「やった!気持ちいい!」ということになります。

裏筋を舐め上げた舌はどこまで進めばいいのでしょうか?亀頭やカリ首には触れない方がいいでしょう。

もっとも感じて気持ちいい部分は後回しにしておくのです。

メインディッシュに残しておきましょう。

一度裏筋を舐め上げたら、チンポをガン見してもう一回舐め上げるなどの演技をしましょう。

ですが、舐め上げるのは2回から3回程度にしておくといいです。

何回しても良いのですが、繰り返すと次第に鈍感になってきまっすので気持ち良さが薄れてきます。